国道19号瑞浪恵那道路は、瑞浪市と恵那市を結ぶ延長約12.5kmの区間で、渋滞・事故等の交通課題の解消や、リニア中央新幹線の開業(平成39年予定)の地域振興に寄与することを目的に計画された道路です。
 平成27年度に瑞浪市土岐町~恵那市武並町までの延長8.2kmが事業化しました。

瑞浪恵那道路の諸元

起終点 岐阜県瑞浪市土岐町~岐阜県恵那市長島町
計画延長 延長約12.5㎞
規格(設計速度) 第3種第2級(60㎞/h)
標準幅員(車線数) W=16.25m(4車線)
計画交通量 約23,100台/日(H42推計)

事業の経緯

S58年 調査開始
H13~16年 PI実施「瑞浪・恵那間の道を考える懇談会」
構想ルート帯提言(H16)
H21年10月 環境影響評価 方法書 公告・縦覧
H23年3月ルート確認
H23年09月 都市計画説明会
H24年10月 環境影響評価 準備書 公告・縦覧
H26年04月 都市計画決定
H26年04月 環境影響評価 評価書 公告・縦覧
H27年04月 瑞浪恵那道路(瑞浪~恵那武並)事業化
H27年11月 瑞浪恵那道路(瑞浪~恵那武並)中心杭打ち式開催
H29年12月 瑞浪恵那道路(瑞浪~恵那武並)着工式開催
H30年10月 瑞浪恵那道路(恵那工区)中心杭打ち式開催