トップページへ戻る
記者発表 > 2016年03月10日

「道路老朽化対策」パネル展を開催します 〜高齢化する道路施設を次世代に引き継ぐために〜

1.内  容

    高度経済成長期に集中的に整備された道路施設は急速に高齢化が進むことが確実
   で、老朽化対策は喫緊の課題となっています。
    道路は、国民の共用資産であり、少しでも長く使えるようにきめ細かい点検と
   修繕を行って次世代へ引き継いでいくことが必要です。
    中部地方整備局では、道路インフラの現状と老朽化対策の取り組みについて広く
   皆様にご紹介することを目的にパネル展を開催いたします。


2.時  期

   平成28年3月15日(火)〜平成28年3月30日(水)


3.場  所

   JR多治見駅 南北連絡線


4.資  料

   「道路老朽化対策」パネル展(資料1)

   ※取材を希望される報道関係者の方は、(パネ
   ル展示箇所でありますJR多治見駅には職員が
   常駐しないため)パネル展示期間中に取材を希
   望される場合、取材日より事前に多治見砂防国
   道事務所までお申し込み願います。


【問 い 合 わ せ 先】

   国土交通省 多治見砂防国道事務所   
   副所長 秋田 修  

   道路管理課長 澤田 敦則

   TEL:0572−25−8020
   FAX:0572−23−7236