トップページへ戻る
記者発表 > 2015年01月14日

大規模土砂災害を想定した合同防災訓練

1.概要
 大桑村、長野県、国土交通省等の各防災担当者が一堂に会して大規模土砂災害に対する合同防災訓練を実施することにより、土砂災害に対する住民の警戒避難、安全確保、応急対策等の防災対応の能力向上と関係機関の情報収集・伝達・共有について情報連携力を高めることを目的とした合同防災訓練を実施します。

2.内容   
@日  時 平成27年1月17日(土)13時00分から16時00分まで
A場  所 大桑村野尻地区館  木曽郡大桑村野尻1435−7
B参加機関 
 大桑村
 長野県砂防課、木曽地方事務所、木曽建設事務所
 国土交通省中部地方整備局、多治見砂防国道事務所

 豪雨により、長野県大桑村周辺で大規模な土砂災害が発生したことを想定した情報伝達訓練を実施します。
 訓練を2ステージに分け、第1ステージでは土砂災害に対する住民の安全確保、警戒避難について、第2ステージでは天然ダム等に対する応急対策、住民の安全確保について訓練します。

【問い合わせ先】
多治見砂防国道事務所
 副所長      新高 庸介
 砂防調査課長 樫野 誠   tel 0572-25-8024 ・ fax 0572-25-1038