トップページへ戻る
記者発表 > 2014年11月27日

〜東濃・中濃地方の冬期の安全・円滑な交通確保に向けて〜  瑞浪市長の激励を受け「雪寒対策出陣式」及び「大雪時の放置車両排除訓練」を行います

1.概  要 

 多治見砂防国道事務所が管理する国道19号・国道21号の、冬期の道路交通の安全確保及び雪寒対策の作業の安全を図るため、下記のとおり「雪寒対策出陣式」を開催します。

 当日は、来賓に水野瑞浪市長をお迎えして、パトロール車・凍結防止散布車・除雪機械等の安全点検及び安全宣言などを行う予定です。
 
  また、「雪寒対策出陣式」終了後、出張所内においてエアジョッキによる「大雪時の放置車両排除訓練」を行います。この訓練は、大雪時における放置車両移動の実動能力を向上させることを目的に実施します。
 
 国道19号・国道21号をご利用される場合は、事前に冬期道路情報をご確認いただき、タイヤチェーン等の冬装備をお願いするとともに、慎重な運転を心がけるようお願いします。また、除雪作業にご協力をお願いします。

2.日時・場所
  日時:平成26年11月28日(金)13時30分から(荒天中止)
  場所:多治見砂防国道事務所 瑞浪国道維持出張所 (瑞浪市益見町二丁目99番地 TEL(0572)68-4591)

【問い合わせ先】
  中部地方整備局 多治見砂防国道事務所 副所長 石垣 政彦
                 TEL 0572-25-8020  FAX 0572-23-7236