トップページへ戻る
記者発表 > 2014年09月19日

○事故ゼロに向けて○ 『うながっぱ』でウインカー作戦〜中部地方整備局ではじめての試み〜

「国道19号 池田町交差点(岐阜県多治見市池田町)」で、更なる追突事故防止を図るため、岐阜県警、多治見市と協力し、マスコットキャラクターを用いた追加対策を実施します。
なお、『秋の全国交通安全運動』にあわせ、多治見市のマスコットキャラクター「うながっぱ」参加のもと、啓蒙活動を実施します。

日 時:9月22日(月)10:00頃
場 所:国道19号 池田交差点
その他:雨天、荒天時においては、「うながっぱ」の啓蒙活動は中止する場合があります


国道19号池田町交差点は、名古屋方面から連続する下り勾配のため、速度超過による前方車両への追突事故や右折事故が多発する交差点であったことから、平成24年度にカラー舗装等の事故対策工事を実施しました。これにより、11%の事故が削減されました。しかしながら、事故対策後の調査において、左折合図(ウインカー)の遅れが判明し、これによる追突事故が今後懸念されることから、今回追加対策を実施します。

 添付資料 3枚


【問い合わせ先】
国土交通省 多治見砂防国道事務所
 副所長 石垣 政彦
 TEL:0572−25−8020

 道路管理課長 小川 英明
 TEL:0572−25−8027
 FAX:0572−23−7236