トップページへ戻る
記者発表 > 2014年02月12日

土岐市内の公民館で南海トラフ巨大地震・東日本大震災のパネルを展示します

3.11を忘れない
南海トラフ巨大地震・東日本大震災のパネルを展示します

      記者発表資料

1. 概要

 多治見砂防国道事務所では、大震災の記憶を風化させることなく、自然災害の恐ろしさを認識していただくこと、地域や世代を超えて教訓を共有し減災につなげていくことを目的に、防災に関する広報活動を行っています。

 今回、発生して丸3年を迎える東日本大震災の「忘れない」及び、中部圏として危険性に直面している「南海トラフ巨大地震に備える」のパネル展示を、以下の場所で開催します。

 なお、会場では、宮城県本吉町で被災した「距離標」も展示させていただきます。


2. 展示場所・期間

 (1)土岐市肥田公民館
   期間: 平成26年 2月12日(水)から 2月26日(水)まで

 (2)土岐市鶴里公民館
  期間:平成26年 2月18日(火)から 3月 7日(金)まで

 (3)土岐市 下石公民館
   期間:平成26年 2月26日(水)から 3月14日(金)まで

 (4) 土岐市泉西公民館
   期間: 平成26年 2月26日(水)から 3月14日(金)まで

3. 資料

 展示パネル(別紙)


4. その他

 展示パネルの冊子を置かせていただきますので、ご自由にお持ち帰りください。

  添付資料 1 枚


      問い合わせ先

 国土交通省 中部地方整備局 多治見砂防国道事務所

  副所長 石垣政彦
   TEL 0572-25-8020
   FAX 0572-25-7994

  調査設計課長 宮原敏
   TEL0572-25-8026
   FAX0572-23-7236


画像は 別紙資料です。
大きい画像はは添付PDF(551KB)でご覧ください。
土岐市内の公民館で南海トラフ巨大地震・東日本大震災のパネルを展示します