トップページへ戻る
記者発表 > 2013年12月02日

地元高校生が砂防施設工事現場を見学します

地元高校生が砂防施設工事現場を見学
建設業への理解と関心を深める

      記者発表資料

1. 概要

 多治見砂防国道事務所では、一般社団法人恵那建設業協会と共に、高校生の現場見学会を実施し、建設業のもつ社会的役割と「ものづくり」の魅力を現場で体験してもらい、建設業に対する理解と関心を深め、イメージアップを図ります。


2. 内容

  1) 日時
   平成25年12月6日(金) 14時から約1時間程度

  2) 場所
   中津川市川上 木曽川水系川上流路工補修工事

  3) 参加高校
   岐阜県立中津川工業高等学校
   建設工学科土木コース 2年生 22名

3. 資料

  別紙


      問い合わせ先

国土交通省 多治見砂防国道事務所

 副所長 石橋雅子
  TEL: 0572-25-8020
  FAX: 0572-25-7994


(別紙)

高校生の建設現場見学会!!
木曽川水系川上流路工補修工事

 平成25年12月6日(金)中津川工業高校建設工学科土木コース2年生22名が、中津川市の川上流路工補修工事を見学します。
 同工事は、約40年間洪水時に安全な流れを保ってきた流路工に、損傷や摩耗が見られるため、施設の機能を維持するための補修工事を実施しています。


別紙開会式次第、見学スケジュールは添付PDF(361KB)でご覧ください。
地元高校生が砂防施設工事現場を見学します