トップページへ戻る
記者発表 > 2013年08月27日

土木学会中部支部エクスカーションにて砂防事業について御案内します

砂防事業について御案内します
(土木学会中部支部エクスカーション)

記者発表資料

1.概要

 土木学会中部支部では今年度のエクスカーション(※)で、愛知県の中学校社会科教諭約30名が瀬戸市方面での実施を予定するなかで砂防事業について学び、体験していただくため、多治見砂防国道事務所において砂防講座・降雨体験機による体験、多治見市市之倉の「市之倉おりべ砂防堰堤」を見学していただきます。

(※)エクスカーションとは従来の説明を受けるだけの見学会や視察とは異なり、専門家によるの地域の自然や歴史、文化などの学術的なで解説を聞くと共に、参加者も現地での体験や議論を行うことで社会資本に対する理解を一層深めていく「体験型の見学会」です。


2.内容

  日時: 平成25年8月30日(金)
    13:00〜 市之倉砂防堰堤見学
    14:00〜 多治見砂防国道事務所 砂防講座 降雨体験


3.資料


  別紙のとおり

  添付資料 1枚


問い合わせ先

多治見砂防国道事務所

  砂防調査課長 有澤俊治
   tel 0572-25-8024
   fax 0572-25-1038

  妻木出張所長 小幡 豊
   tel 0572-57-6213
   fax 0572-57-6679


画像は市之倉おりべ砂防堰堤と 降雨体験機のイメージです。
土木学会中部支部エクスカーションにて砂防事業について御案内します