トップページへ戻る
記者発表 > 2013年08月26日

多治見市笠原中央公民館で東日本大震災のパネルを展示します (8/31〜9/25)

地震防災への意識を高めます
〜多治見市笠原中央公民館で東日本大震災のパネルを展示します〜

   記者発表資料

1. 概要
 国土交通省中部地方整備局では、東日本大震災の記憶を風化させることなく、
自然災害の恐ろしさを認識していただくこと、地域や世代を超えて教訓を共有し
減災につなげていくことを目的に、防災に関する広報活動を行っています。
 防災の日にちなみ、多治見市笠原中央公民館で、東日本大震災のパネルを展示します。


2.展示場所・展示期間

  展示場所:
    多治見市笠原中央公民館 1Fロビー
    (住所) 多治見市笠原町2081-1
    (電話) 0572-43-5155

  展示期間:
    平成25年8月31日(土)から9月25日(水)まで


3.資料
   展示パネル、展示場所(別紙)


4.その他
   展示パネルの冊子を置かせていただきますので、ご自由にお持ち帰りください。


添付資料 1 枚

国土交通省 多治見砂防国道事務所
  副所長 石垣政彦
   TEL0572-25-8020
   FAX0572-25-7994

調査設計課長 宮原敏
  TEL0572-25-8026
   FAX0572-23-7236


画像は展示パネル一覧と展示場所位置図です。

展示場所位置図の大きな画像は PDFでご覧ください。
パネルの大きな画像は、―― ぜひ現地にて展示をご覧ください。
多治見市笠原中央公民館で東日本大震災のパネルを展示します (8/31〜9/25)