トップページへ戻る
記者発表 > 2013年06月28日

国道21号「次月峠」で花壇整備を実施 〜地元団体が花壇整備等のボランティアを実施しました〜

国道21号「次月峠」で花壇整備を実施

〜地元団体が花壇整備等のボランティアを実施しました〜

記者発表資料



1. 概要

 国土交通省では、地域住民の方々や企業等が実施団体となり、地元自治体と道路管
理者が協力して道路の清掃・植栽の管理等を行い、地域にふさわしい道づくりを進め
ることを目的として、「ボランティア・サポート・プログラム」を実施しています。

 今回は、下記日程で花壇整備・清掃作業等を実施しました。

 1) 活動日時
   平成25年 6月27日(木) 午前 9時00分頃 〜 午前10時30分頃

 2) 参加団体
   協同組合 土岐美濃焼卸センター
         (土岐市泉北山町3-1)

   独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 岐阜職業能力開発促進センター
         (土岐市泉町定林寺字園戸963−2)

   独立行政法人 日本原子力研究開発機構 東濃地科学センター
         (土岐市泉町定林寺959-31)

  計56名

  ※事務所ホームページでも紹介しております。
   http://www.cbr.mlit.go.jp/tajimi/fureai/vsp/minoyaki3/

 3) 活動場所

   国道21号 土岐市泉北山町「次月峠」交差点付近(別紙参照)



2. 資料

  別紙 添付資料 1 枚



問い合わせ先

 国土交通省 多治見砂防国道事務所

  副所長 石垣 政彦
   TEL 0572-25-8020

  道路管理課長 福沢 昇
   TEL 0572-25-8027
   FAX 0572-23-7236



(別紙)

国道21号「次月峠」で花壇整備を実施
〜地元団体が花壇整備等のボランティアを実施しました〜

 平成25年 6月27日(木)朝9時より、国道21号「次月峠」交差点付近で、「協同組合
土岐美濃焼卸センター」、「独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 岐阜
職業能力開発促進センター」、「独立行政法人 日本原子力研究開発機構 東濃地科
学センター」から52名、土岐市役所職員1名、当事務所職員3名が、ボランティア・
サポート・プログラムの活動として、花壇整備、歩道のゴミ拾い等を実施しました。

 ボランティアサポートプログラム(V.S.P)とは、地域住民の方々や企業等が実施
団体となり、地元自治体と道路管理者が協力して道路の清掃・植栽の管理等を行い、
地域にふさわしい道づくりを進めることを目的とした取り組みです。

 実施団体、地元自治体、道路管理者とが協定を結び、協定内容に基づいて、実施
団体は清掃や植樹管理を行い、自治体と道路管理者はゴミの収集や安全指導、保険の
加入等の実施団体のサポートを行っています。


画像は活動の様子です。
本文とpdfは同じ内容です。大きい画像はpdfでご覧ください。
国道21号「次月峠」で花壇整備を実施  〜地元団体が花壇整備等のボランティアを実施しました〜