トップページへ戻る
記者発表 > 2013年06月18日

砂防教室開催 予定の変更について

〜小学生が土砂災害・砂防施設を学習しています〜
砂防教室の開催の変更について

記者発表資料

1. 概要

 国土交通省では、6月を土砂災害防止月間とし、防災訓練や過去の災害、防災対策などの啓発活動とさまざまな取組で土砂災害防止に努めております。
 多治見砂防国道事務所では、この活動の一環として 5月下旬から 9月にかけて、多治見市、土岐市の小学生を対象に、砂防教室を実施ししております。
 砂防教室では、降雨体験、土石流模型実験、土砂災害映像視聴を行い、実際の砂防ダムの見学などを行っています。
 池田小学校と養正小学校で実施しました。
 今後の予定については、別紙のとおり変更となりましたのでお知らせ致します。


2. 内容

【開催日】
  平成25年5月28日(火)〜 9月27日(金)

  ※ 別紙予定表参照

【会場】

  ※ 別紙予定表参照

【内容】

  ・砂防の話、降雨体験、模型実験、映像体験、施設見学等


3. 資料

  別紙 (添付資料 2枚)


問い合わせ先

 多治見砂防国道事務所
   副所長 石橋 雅子
   TEL 0572-25-8020  FAX 0572-25-1038

   妻木出張所出張所長 小幡 豊
   TEL 0572-57-6213  FAX 0572-57-6679


(添付資料)

砂防教室

○ 土砂災害防止月間について
 6月は土砂災害防止月間であり、土砂災害防止に向けて住民の理解と関心を深めるため、砂防事業と土砂災害に対する避難体制の整備に関する普及活動を実施することにより、土砂災害による人命、財産を守ることを目的としており、全国でいろいろな活動を行っています。
 砂防教室は、この土砂災害防止月間の活動の一環として、5月下旬から9月上旬にかけて実施しています。

○ 砂防教室とは
 砂防教室は、多治見市、土岐市の小学生4年生を対象に、土砂災害の恐ろしさと砂防施設の必要性を学んで頂くことを目的としています。
 毎年、多治見市、土岐市の多くの学校に参加して頂いております。

○ 砂防教室の内容
 砂防教室は、パネルによる「砂防のお話」を行い、続いて降雨体験、土石流模型実験、土砂災害映像体験を行い、実際の砂防ダムなどの施設見学を行います。


 画像は 6月12日開催分の砂防教室の様子です。
 開催予定表はpdfでご覧ください。
砂防教室開催 予定の変更について