トップページへ戻る
記者発表 > 2013年06月18日

第7回大規模土砂災害対策検討会を開催します。

第7回大規模土砂災害対策検討会を開催します。
〜国、県、市町村の連携〜

記者発表資料

1. 概要

 大規模土砂災害対策検討会では、多治見砂防国道事務所管内の周辺地域における
住民の安心・安全の確保を目的として、大規模災害時における国、県、市町村との
連携対応について協議し、役割分担、連携内容を検討することを目的して開催します。

  i. 地域防災計画【土砂災害対策編】について
    副所長(危機管理) 石橋雅子

  ii. 住民意見を取り入れた地域の避難ルール検討について
      〜モデル地区(島地区)での取組み事例〜
    上松町 総務課 主査 佐々木剛

  iii. 御嵩町 次月地区 国道21号での斜面災害対策について
    工務第二課 建設専門官 中根裕樹

  iv. 大規模土砂災害への対応について
      〜深層崩壊、大規模土砂移動検知センサー、水位計による流域監視
    砂防調査課長 有澤俊治


2. 日時

  平成25年6月20日(木) 13:00 〜 15:00


3. 場所

  多治見砂防国道事務所 会議室
    多治見市小田町4丁目8−6


4. 参加機関

  国土交通省(多治見砂防国道事務所)
  長野県  (木曽建設事務所、木曽地方事務所)
  岐阜県  (多治見土木事務所、恵那土木事務所、東濃振興局)
  上松町、大桑村、南木曽町、王滝村、木曽町
  長野県(県庁、木曽建設事務所、木曽地方事務所)
  中津川市、多治見市、土岐市、恵那市、瑞浪市

添付資料 1枚


画像は開催案内パンフレットです。
pdfファイルは同内容です。
第7回大規模土砂災害対策検討会を開催します。