トップページへ戻る
記者発表 > 2013年06月13日

駒ヶ岳登山道を改善しました

駒ヶ岳登山道を改善しました
〜 滑川の工事と重複する登山道を安全に使えるように 〜

記者発表資料

1.概要
 多治見砂防国道事務所では上松町の滑川において、砂防工事を行っています。

 滑川第1砂防えん堤に貯まった土砂を運び出すにあたり、登山道と重複する
区間があることから安全面を考慮し、迂回した登山道を平成24年 3月に整備
しましたが、登山道利用者から、「道がわかりにくい」「看板が不明瞭」といった
意見を頂きました。

 上松出張所と滑川工事安全協議会では、 6月15日に行われる平成25年度木曽
駒ヶ岳開山式に合わせ、案内表示板を新たに設置し、登山道を改善しましたので
お知らせします。


2.場所
 駒ヶ岳登山道Aルート二合目から敬神の滝までの工事重複区間


3.その他
 滑川工事安全協議会とは、今年度滑川の直轄砂防工事を行う
 2社(木曽土建工業(株)・奥田工業(株))が組織するものです。


添付資料 2枚


問い合わせ先

多治見砂防国道事務所

 副所長 石橋 雅子
  tel:0572-25-8020
  fax:0572-25-7994

 上松出張所長 吉田 光則
  tel:0264-52-4863
  fax:0264-52-2734


画像は改善状況です。
大きな画像、位置図は pdfでご覧ください。
駒ヶ岳登山道を改善しました