トップページへ戻る
新着情報 > 2015年12月03日

土岐川グリーンベルト通信 第61号 「笠原の森」笠原中学校による樹林整備活動の報告

 平成27年11月20日、多治見市笠原町「笠原の森」で、多治見市立笠原中学校の1年生90名が、森林
内を明るくするために「樹林整備」を行いました。活動前には危険予知活動を行い、怪我なく無事に活動
を終えることができました。整備後は、樹林整備の効果(森が明るくなったこと)を確認するために、整
備区画の照度計測を行いました。


【活動概要】


 ■日時:平成27年11月20日(金)13:35〜15:35(120 分間)
 ■場所:多治見市笠原町「笠原の森」
 ■参加者:
      (主体)笠原中学校(1年生90名、先生6名)
      (支援)多治見市役所(2名)
          国土交通省 多治見砂防国道事務所(16名)ほか(合計23名)
 ■活動内容:18 班に分かれて、樹林整備を実施 (整備面積:約1800m2)
          (1班あたり、生徒4〜6名程度・支援者1名で活動)
       1)樹林整備 ・密生している常緑低木の伐採(間引き)
               ・伐採木などの整理
       2)照度計測 整備前後の相対照度(林内と林外の照度の比)の比較