トップページへ戻る
新着情報 > 2015年12月04日

大雪時の放置車両移動訓練を実施しました

 大規模災害時や冬期の大雪等により、放置車両が発生した場合、直ちに道路啓開を進め、緊急車両の通行ルート
を迅速に確保するために、所要の措置を講じます。多治見砂防国道事務所では、管理する国道19号・国道21号
の冬期の道路交通の安全確保及び雪寒対策の作業の安全を図るため、「大雪時の放置車両移動訓練」を行いました。
この訓練は、昨年度の災害対策基本法の一部改正を踏まえ、大雪時における放置車両移動の向上を目的としたもの
です。

【日時】平成27年11月27日(金)14時00分〜15時00分

【現地訓練場所】国道19号89.70kp付近(中津川市山口地先)

【参加機関】中津川警察署、岐阜県恵那土木事務所、中津川市、中津川市消防本部、維持作業請負業者、除雪作業
      請負業者、中日本高速道路(株)名古屋支社多治見保全・サービスセンター、中日本高速道路(株)名古
      屋支社飯田保全・サービスセンター、多治見砂防国道事務所約40名