トップページへ戻る
新着情報 > 2015年09月16日

砂 防 教 室 を 行 い ま し た

 9月12日、多治見市が養正小学校で開催した土曜学習「わがまち 多治見大好き講座」において、市内の小中
学生や各機関の説明者約100人が参加する中、多治見砂防国道事務所は砂防教室を行いました。砂防教室では、
土砂災害、砂防のほか、台風18号により甚大な被害を受けた関東地方や東北地方へ、この地方からも支援に行っ
ていることを話しました。
 また、土石流模型実験や降雨体験を通じて、砂防堰堤の働きや大切さ、雨の降り方と避難について知ってもらい
ました。
 降雨体験をした小学生から、「大雨が降ったら家に急いで帰ったり、避難しなければいけないことがわかった」
と感想がありました。