トップページへ戻る
新着情報 > 2015年06月29日

中津川市落合で植栽帯の草刈りボランティアを実施〜地元企業がボランティア・サポート・プログラムを実施〜

 平成27年6月28日(日)朝8時半より、一般国道19号岐阜県中津川市落合三五沢ランプで、地元企業である(株)吉川工務店の皆様30名が、
ボランティア・サポート・プログラム活動として、植栽帯の草刈、剪定、清掃作業等を実施されました。当日は、多治見砂防国道事務所瑞浪国道維持
出張所の浅井出張所長も参加して、2時間の作業でした。(株)吉川工務店は、平成15年から活動を続けており、今回で21回目を数えました。
 ボランティアサポートプログラムとは、地域住民の方々や企業等が実施団体となり、地元自治体と道路管理者が協力して道路の清掃・植栽の管理等
を行い、地域にふさわしい道づくりを進めることを目的とした取り組みです。実施団体、地元自治体、道路管理者とが協定を結び、協定内容に基づい
て、実施団体は清掃や植樹管理を行い、自治体と道路管理者はゴミの収集や安全指導等の実施団体のサポートを行っています。