トップページへ戻る
新着情報 > 2014年12月04日

国道19号多治見市「弁天町交差点」で花壇整備を行いました

 平成26年12月4日(木)朝8時過ぎ、一般国道19号岐阜県多治見市「弁天町」交差点付近で、(株)藤本組の皆様5名が、ボランティア・サポート・プログラム活動として、花壇の整備、除草作業等をしていただきました。

 当日は小雨が降り、どんよりとした師走の寒い朝での活動となりましたが、パンジー等で彩られた交差点は、「元気が出る」明るさを取り戻しました。

 ボランティアサポートプログラムとは、地域住民の方々や企業等が実施団体となり、地元自治体と道路管理者が協力して道路の清掃・植栽の管理等を行い、地域にふさわしい道づくりを進めることを目的とした取り組みです。
 
 実施団体、地元自治体、道路管理者とが協定を結び、協定内容に基づいて、実施団体は清掃や植樹管理を行い、自治体と道路管理者はゴミの収集や安全指導等の実施団体のサポートを行っています。