トップページへ戻る
新着情報 > 2014年12月01日

「雪寒対策出陣式」と「大雪時の放置車両排除訓練」を実施しました

  多治見砂防国道事務所では、管理する国道19号・21号の、冬期の道路交通の安全確保及び雪寒対策の作業の安全を図るために、「雪寒対策出陣式」を行いました。

 来賓として瑞浪市長をお迎えして、パトロール車・凍結防止剤散布車・除雪機械等の安全点検及び安全宣言などを行いました。

 また、式終了後、「大雪時の放置車両排除訓練」を実施しました。

 今回の訓練は、災害対策基本法の一部改正に基づき、大規模災害時や冬期の大雪等で放置車両が発生した場合、直ちに道路啓開を進め、緊急車両の通行ルートを迅速に確保するためのものです。

【日時】平成26年11月28日(金) 13:30〜14:00
【場所】瑞浪国道維持出張所(瑞浪市益見町二丁目99番地)
【参加者】瑞浪市長、瑞浪市役所職員、多治見警察署員、委託業者、多治見砂防国道事務所職員 約30名
【出動車両】凍結防止剤散布車2台、パトロール車1台、作業車1台