トップページへ戻る
新着情報 > 2014年10月17日

地元中学生が職場体験学習で砂防の現場を見学しました

  平成26年10月16日(木)、多治見市内の中学2年生2名が、職場体験学習として当事務所を訪れました。

 職場体験学習とは、中学校の進路学習の一環として、働くことの厳しさや楽しさ・マナーなどを学ぶ目的で行われており、多治見市内の企業・事業所等が生徒を受け入れているところです。

 当日は、地元多治見市内の砂防施設や工事の仕事を勉強し、7月に被災した南木曽町梨子沢の災害現場を見学しました。