トップページへ戻る
新着情報 > 2014年03月20日

第6回御嶽山火山噴火緊急減災対策砂防計画検討会が開催されました。

御嶽山火山噴火緊急減災対策砂防計画を具現化するため、 4つの部会が新設されました

 平成26年3月10日(月)第6回御嶽山火山噴火緊急減災対策砂防計画検討会が開催されました。

 今回の検討会で、御嶽山火山噴火緊急減災対策砂防計画の各項目を具現化するため、行動連絡会に4つの専門部会を設置することが決定されました。

(1) 緊急減災砂防計画ハード部会
  (会長: 山田孝 三重大学大学院教授)

(2) 緊急減災砂防計画監視・観測部会
  (会長: 山岡耕春 名古屋大学大学院教授)

(3) 緊急減災砂防計画火山防災啓発部会
  (会長: 木股文昭 東濃地震科学研究所副首席研究員)

(4) 緊急減災砂防計画避難警戒部会
  (会長: 平松晋也 信州大学教授)


検討会の目的
 この検討会は、御嶽山の噴火に起因する土砂災害を軽減するため、砂防部局(国土交通省中部地方整備局多治見砂防国道事務所・長野県・岐阜県)が緊急時対策(ハード・ソフト)を迅速かつ効果的に実施するとともに、平常時からの準備事項を定めるために御嶽山火山噴火緊急減災対策砂防計画の検討を実施するものです。


画像は検討会の様子です。

第6回御嶽山火山噴火緊急減災対策砂防計画検討会が開催されました。