トップページへ戻る
新着情報 > 2014年01月17日

多治見市精華公民館で東日本大震災、南海トラフ巨大地震についてのパネル展示を開催しています (31日まで)

大震災を忘れない
多治見市精華公民館でパネル展示を実施

 今年の1月17日で、阪神大震災が発生して19年目を迎えます。
 中部地方整備局では、大震災の記憶を風化させることなく、自然災害の恐ろしさを認識していただくこと、地域や世代を超えて教訓を共有し、減災につなげていくことを目的に、防災に関する広報活動を行っています。

 今回、発生して丸3年を迎える東日本大震災の「忘れない」パネル展示及び、中部圏として危険性に直面している「南海トラフ巨大地震に備える」パネル展示を以下の場所で実施しています。

◇場所◇
  多治見市精華公民館 (多治見市上野町4-23-1)

◇期間◇
  平成26年1月17日(金)から 1月31日(金)まで
多治見市精華公民館で東日本大震災、南海トラフ巨大地震についてのパネル展示を開催しています (31日まで)