トップページへ戻る
新着情報 > 2013年12月13日

「21号坂祝バイパス坂祝トンネル工事」を坂祝中学校生が見学しました

「21号坂祝BP坂祝トンネル工事」を坂祝中学校が見学

 一般国道21号坂祝バイパスは、岐阜県加茂郡坂祝町大針を起点とし、岐阜県各務原市鵜沼東町に至る延長約7.6qの道路です。
 主に中濃地域と岐阜地域を結び、交通渋滞の緩和や災害に強い道路機能の確保を主な目的として、当事業を進めています。

 平成25年12月10日(火)坂祝町立坂祝中学校1年生の72名、12月11日(水)は中学3年生63名、12月12日(木)は中学2年生61名が、加茂郡坂祝町黒岩地区の「1号トンネル(仮称)」(L=288m:NATM工法)の掘削の状況を見学しました。

 生徒からは、「トンネルは1日に何メートル進むの?」「何人で掘り進んでいるの?」等の質問がありました。
 めったに見られないトンネルの現場見学でもあり、驚きの声が上がっていました。

画像は見学の様子です。
添付PDF (477KB)の内容は本文と同じです。
「21号坂祝バイパス坂祝トンネル工事」を坂祝中学校生が見学しました