トップページへ戻る
新着情報 > 2013年12月11日

中津川工業高校生が木曽川水系川上流路工補修工事を見学

中津川工業高校生が木曽川水系川上流路工補修工事を見学

 平成25年12月6日(金)、中津川工業高校建設工学科2年生(建築コース17名、土木コース21名)を対象に、恵那建設業協会主催の現場見学会が開催されました。土木コースの学生は、恵那土木事務所の現場のほか、当事務所が発注する木曽川水系川上流路工補修工事を見学しました。

 川上流路工は約50年間洪水時に安全な流れを保ち、中津川市を守ってきましたが、損傷や摩耗等が見られるようになってきたため、施設の機能を維持することを目的とする補修工事を実施しています。本工事は平成26年3月の完成予定です。

 この見学会では、耐摩耗複合材 を用いた補修工事の様子を見ていただきました。

※耐摩耗複合材とはゴムと鋼板を複合一体化させた材料で、コンクリート表面に施工することにより、砂防施設の堤冠コンクリート等の摩耗を防止するための技術です。
中津川工業高校生が木曽川水系川上流路工補修工事を見学