トップページへ戻る
新着情報 > 2013年11月19日

災害対策設備の操作を小学生が体験しました

 平成25年11月18日(月)、地域の小学生が災害への関心を高めてもらうことを目的に、国土交通省が保有する災害対策設備(衛星通信車、衛星小型画像伝送装置、照明車など)の操作の体験学習を庄内川河川事務所と合同で実施しました。

 日時
  平成25年11月18日(月) 9:30〜10:20、16:00〜17:00

 場所
  多治見市立昭和小学校 (多治見市平和町4丁目180)

 参加者
  多治見市立昭和小学校6年生(47名)、学童保育児22名
災害対策設備の操作を小学生が体験しました