トップページへ戻る
新着情報 > 2013年11月13日

あおぞら教室(加子母小学校)を開催しました

あおぞら教室(加子母小学校)を開催しました

 多治見砂防国道事務所は、平成25年11月6日(水)に中津川市立加子母小学校の4・5年生47名の皆さんを四ツ目川遊砂工や砂防工事現場に招いてあおぞら教室を開催しました。

 あおぞら教室は、土砂災害や土石流の恐ろしさ、砂防施設の役割を学んでいただき、防災力の向上を図ることを目的に実施しており、平成25年度は今回で小学校18校に対し実施しました。

 土石流模型実験、降雨体験機、砂防工事現場の見学など実際に目で見て、体で感じることができることから、笑顔や驚きの声を上げながら楽しく防災事業の大切さを学んでいただくことができました。

画像は あおぞら教室の様子です。
PDFは本文と同じです。
あおぞら教室(加子母小学校)を開催しました