トップページへ戻る
新着情報 > 2013年10月24日

土岐川流域グリーンベルト技術講習会を実施

平成25年10月23日(水)、土岐川流域グリーンベルト技術講習会を実施しました。

この講習会は、11月以降、中学校で順次開催される「観察会」「整備活動」において、中学生等に森づくりを伝える“支援者”を育成するものです。
当日は台風27号の雨の中、多治見市、土岐市及び多治見砂防国道事務所の職員計15名が参加しました。

屋内講習でグリーンベルトの基礎知識、安全管理、木の見分け方(常緑・落葉、切る木・残す木)等を、屋外講習でノコギリの使い方、杭打ちの実習を学びました。
講習会受講者は、11月中旬から開催される、多治見市立笠原中学校及び土岐市立土岐津中学校での「観察会」に参加予定です。

※「土岐川流域グリーンベルト」は、多治見市・土岐市の山麓斜面を“土砂災害に強く、自然環境や景観豊かな森”として保全・創出することを目的に、地域と協働して実施しています。


画像は講習会の様子です。
PDFは本文と同じです。
土岐川流域グリーンベルト技術講習会を実施