トップページへ戻る
新着情報 > 2013年09月25日

特殊車両の指導・取締(2回目)を実施しました

特殊車両を運行するためには、通行許可(走行時間帯、誘導車の配置、徐行などの条件を記載)が必要です。定められたルールを守らずに、重量超過の車両が道路を通行すると、橋梁や道路舗装に大きなダメージを与えます。

多治見砂防国道事務所では、岐阜県警察多治見警察署の協力を得て、特殊車両に対し通行許可違反の指導・取締を実施しています。取締りは年度で5回を予定しており、2回目の今回は、以下の日時で実施しました。

  1.日時 平成25年9月19日(木) 9時30分頃〜12時15分頃
  2.場所 岐阜県土岐市泉町河合地先 (国道19号 46.7kp) 土岐車両重量計測所
  3.取締内容 特殊車両の許可証の有無及び携帯の確認、許可内容や許可条件の確認、車両の計測(重さ、高さ、長さ、幅、重量)、過積載(多治見警察署)
  4.取締結果
    @特殊車両通行許可違反:4件
      (経路違反2件、連結違反2件、不携帯1件、無許可2件(一車両で複数の違反を含みます))
    A過積載違反:なし

画像は取り締まりの様子です
特殊車両の指導・取締(2回目)を実施しました