トップページへ戻る
新着情報 > 2013年05月23日

国道21号御嵩町次月で通行規制訓練を実施しました

国道21号御嵩町次月地先においては、平成23年9月20日の台風15号による大雨で、甚大な土砂災害が発生しました。
本年3月末に復旧工事は完了しましたが、連続雨量が100ミリに達した場合、または同区間付近において災害が発生する恐れがある場合には通行止めを実施します。

梅雨入りを前に、平成25年5月22日(水)、多治見砂防国道事務所は、岐阜県可茂土木事務所・多治見土木事務所、御嵩町、土岐市、瑞浪市、可児警察署、多治見警察署、可茂消防本部、土岐市消防本部、瑞浪市消防本部と、ファックス等による情報伝達訓練及び現地(可児郡御嵩町美佐野及び土岐市泉町定林寺外)での通行止訓練を実施しました。

下のリンクのPDFファイルでは訓練の様子を写真入りでご覧いただけます。