トップページへ戻る
新着情報 > 2013年05月16日

国道19号中津川市山口賤母地内で事前通行規制訓練を実施しました

 多治見砂防国道事務所では、大雨による災害から人命を守るため、事前通行規制区間(国道19号 中津川市山口賤母地内〜長野県南木曽町地内 6.5km)を設けています。連続雨量が150mmに達した場合、または、同区間付近で災害が発生するおそれがある場合には、事前通行規制を行うこととしています。

 平成25年5月15日(水)、梅雨期の大雨に備え、飯田国道事務所と連携した事前通行規制訓練を実施しました。

 午前中は、災害対策支部(事務所)にて、飯田国道事務所、岐阜県警察中津川署、岐阜県恵那土木事務所、中津川市との情報伝達訓練を行い、午後は、国道19号中津川市山口賤母地内にて、職員による遮断機操作訓練を実施しました。