トップページへ戻る
新着情報 > 2013年04月26日

発生木材の引き渡し式を行いました

工事で支障となった立木の処理は、有価木は売却し、無価木は処理場へ搬入処分していますが、更なるコスト縮減と無価木の有効活用を図るため、平成25年 3月に河川・砂防施設管理者と中津川市中津地区災害対策協議会が「河川事業に伴う発生木材有効活用に係る協定書」を締結しました。
 そして、平成25年4月12日(金)、中津川市の四ツ目川遊砂工で、希望者に、伐採木の引き渡し式が行われました。