1.道路占用制度の概要

 道路法第32条第1項で、「道路に一定の物件を設置して、継続して道路を使用しようとする場合は、道路管理者の許可を受けなければならない」と規定されています。
 占用の許可を受けるにあたっては、その物件が

1) 道路法第32条第1項各号の物件に該当するもの

2) 道路の敷地外に余地のないためやむを得ないもの

3) 道路法第32条第2項第2号から第7号までに揚げる事項について、政令(施行令第9条〜第17条)で定める基準に適合するもの

 以上の3項目をすべて満足することが必要であるとともに、物件毎に定められた許可基準を満足することも必要となります。