アダプト活動

アダプト活動のご案内 参画団体・活動実施状況一覧 アダプト活動団体のイベント案内 
ダウンロード(各種様式) アダプトマップ

アダプト活動のご案内

庄内川アダプトとは・・・

 「庄内川沿川に暮らす地域の皆さんと、より良い河川環境を実現し、誇りを持てる庄内川にしていくための市民や企業による自主的な活動 を、国土交通省庄内川河川事務所がサポートするものです。」

【庄内川アダプトの仕組みとそれぞれの役割】

庄内川アダプトの仕組みとそれぞれの役割の図

※アダプトプログラムとは
 アダプト・プログラムは、ボランティアとなる地域住民や企業が道路や公園、海岸など一定の公共の場所の定期的な清掃活動を行ない、地元を大切に慈しんで いこうということから名づけられた制度で、アダプトとは英語で「養子縁組する」を意味します。
 アメリカのテキサス州が1985年に始め、その後全米に広がり、日本でも1998年に導入されている。

対象区間

庄内川アダプトでは、以下の河川を対象としています。

  • 庄内川・土岐川(河口から 土岐市の三共橋まで)(小里川ダム管理支所管理区間)
  • 矢田川(名古屋市東区の宮前橋から下流域)

ただし上記の河川についても、河川敷の状況等で一部対象にならない場所があります。

参加できる団体

庄内川アダプトの趣旨に沿って、「より良い河川環境を実現し、誇りを持てる庄内川」にしていく意識のある団体・企業等であれば誰でも参 加できます。
例えば、ボランティアグループ、ボーイ(ガール)スカウト、女性団体、学校、同好会などのほか、企業、商工団体、農業団体、消費者団体など多くの方々が、 この取り組みに参加することを歓迎します。
ただし、社会の秩序を乱すと考えられる方は参加することができません。

活動の内容

庄内川アダプトの活動内容として、「より良い庄内川を実現するために行う様々な活動(例:清掃活動、花木等の植生管理、水生生物調査、 自然観察会、河川愛護活動 など)」を対象とます。

参画者の役割

参画にあたり、庄内川河川事務所と協働の内容を示した合意書を取り交わします。
より良い河川環境を実現し、誇りを持てる庄内川にしていく活動を行います。

  • 活動期間は1年とし、その後更新することができます。
  •   
  • 活動前に、活動連絡書を作成し事務局に提出します。
  •   
  • 安全管理に努め、活動にあたっては安全の確認を行ってください。
  •   
  • 活動終了後、活動報告書を作成し事務局に提出します。
庄内川河川事務所の役割

参画者の活動と庄内川河川事務所が支援する内容を示した合意書をかわします。
 (支援内容は個別に調整していきます。)
庄内川アダプトの活動を広報誌やホームページなどで広報していきます。

庄内川アダプトの流れ

 参画希望者からの申し込みに基づいて、庄内川河川事務所との間で、合意書を取り交わします。

庄内川アダプトの流れの図

過去の実績

 事業開始から13年が経過した現在は、参画団体は当初の5団体から、39団体に増加し、清掃活動等の活動回数は当初の年間10回程度から、平成28年度は、年間230回(平成29年3月末現在)の活動報告がありました。

年度参加団体数参加人数
平成15年度340
平成16年度470
平成17年度13640
平成18年度221,068
平成19年度221,068
平成20年度231,098
平成21年度251,168
平成22年度302,754
平成23年度312,989
平成24年度312,119
年度参加団体数参加人数
平成25年度332,388
平成26年度343,060
平成27年度 35 2,388
平成28年度394,260
お申し込み・お問い合わせ先

お電話もしくはメール・FAXにてお申し込み・お問い合わせください。

国土交通省中部地方整備局 庄内川河川事務所
 調査課 地域連携グループ 「アダプト活動担当者」まで
〒462ー0052  名古屋市北区福徳町5丁目52番
TEL 052-914-6924  FAX 052-914-6947
お問い合わせ