水防災意識社会再構築ビジョンの取り組み~庄内川の水害から命を守るための合同会議~

今後の気象変動により発生頻度が高まると予想される、施設能力を上回るような洪水に対応するため、庄内川流域の国や県市町などの防災関係者が連携協力して減災のための目標を共有し、ハード・ソフト対策を一体的且つ計画的に推進し、社会全体で洪水に備える「水防災意識社会」を再構築する取組を進めます。

庄内川では、「人命被害ゼロ」、「社会経済被害の最小化」を目標として定め、平成32年度までに庄内川流域の国や県市町などの防災関係者が連携協力して実施するための取組方針を策定・公表しました。

関連する資料をご覧いただけます。

これらの取組を一体的且つ計画的に推進するために、庄内川では各市町単位での取組に重点を置き、各市町ごとに取組を推進する体制を構築するとともに、流域全体で取り組むべき課題や進捗状況の確認など、今後の継続的なフォローアップは、庄内川の水害から命を守るための合同会議で実施することとしています。

庄内川流域の減災に関する取り組みの実施状況

①平成28年5月26日(木)
「庄内川の水害から命を守るための合同会議」を開催し、庄内川流域の課題(水害リスク情報など)を共有するとともに、今後の取り組み体制等を確認しました。

【会議資料の抜粋】

【議事の概要】

  議事概要〔別ウィンドウで表示されます〕

 

②平成28年6月22日(水)
「第3回水害から命を守る勉強会【春日井市】」を開催し、この地域の地形的な特性や社会特性を踏まえ、この地域の減災のために、何をしなければならないのか等、「庄内川流域の減災に関する取り組み方針」について、意見交換しました。

また、勉強会終了後に、春日井市長を含む春日井市等の防災関係者約40名の参加により、洪水に対してリスクの高い箇所を点検するなど、防災に関する関係者間の情報共有を密にする取り組みを実施しました。

勉強会開催状況
勉強会開催状況

リスクの高い箇所の点検状況
リスクの高い箇所の点検状況

 

③平成28年7月6日(水)
「第3回水害から命を守る勉強会【清須市】を開催し、この地域の地形的な特性や社会特性を踏まえ、この地域の減災のために、何をしなければならないのか等、「庄内川流域の減災に関する取組方針」について、意見交換しました。

 

④平成28年7月13日(水)
「第8回庄内川事前防災行動計画検討会」を開催し、名古屋駅周辺で大規模な浸水が発生した場合の地下空間における人的被害等を軽減するためのタイムライン策定に向けた議論を行いました。

 

⑤平成28年6月23日(木)、7月28日(木)
「第6回及び7回多治見市浸水事前防災行動計画検討会」を開催し、平成28年3月に完成した多治見市タイムラインの机上訓練等を行い、今後の実働に向けた検証を実施しました。

勉強会開催状況
検討会の開催状況

リスクの高い箇所の点検状況
机上訓練の実施状況

⑥平成28年9月23日(金)、10月21日(金)
「第4回及び第5回水害から命を守る勉強会【清須市】」を開催し、枇杷島橋右岸堤防部分などの洪水に対してリスクが高い箇所の出水時対応をより具体化するための議論を行いました。

 

⑦平成28年11月16日(水)
「第4回水害から命を守る勉強会【春日井市】を開催し、東海豪雨以来となる避難判断水位超過を記録した本年9月20日の台風16号による出水対応をふり返り、今後のより実践的な防災行動定着を促進するための方策について、意見交換しました。

 

⑧平成29年5月26日(金)
「土岐川・庄内川の水害から命を守るための合同会議」を開催し、洪水に対してリスクの高い箇所を関係者間で確認するほか、各地域の課題解決に向けた検討会や勉強会の実施状況など、流域の減災に係る取組状況を共有しました。

【会議資料の抜粋】

【議事の概要】

  議事概要〔別ウィンドウで表示されます〕