PC版
menu

閉じる
道路情報
防災情報
しずこくの取り組み
申請関係
入札契約情報
事務所情報
閉じる

緊急情報
しずこくの取り組み

藤枝バイパス渋滞ソフト対策社会実験


 国道1号藤枝バイパス広幡IC付近下り線では、交通が集中する朝・夕のピーク時間帯以外にも、慢性的な渋滞が発生しています。

 静岡国道事務所では、これらの渋滞を緩和させるためのソフト対策として、内谷ICから薮田東IC間に案内看板の設置を行います。
審査式
 
 緩やかな上り坂が続く区間では、ドライバーが勾配の変化に気づかず、知らない間に速度低下を起こしてしまうことがあります。先頭車両が速度低下を引き起こすと、後続車両は車間を確保するために減速するため、渋滞の原因となります。
 
 広幡IC付近から潮トンネル内にかけては緩い上り坂となっており、潮トンネルを先頭とした渋滞が発生しています。潮トンネルに入る前は渋滞していたのに、トンネルを抜けたらいつの間にか渋滞が解消していた、という経験がある人も多いのではないでしょうか。
写真① 潮トンネル通過後の交通状況 写真② 潮トンネル手前の交通状況
 
「しずこく」ホームページで速度低下注意を呼びかけると共に、現地の上り坂手前と、上り坂に、速度低下注意を促す案内看板を設置します。
 ドライバーの皆様も、この看板をご覧になった時には、上り坂による速度低下に注意をした走行にご協力願います。
 
 下の2つの動画は、(A)「十分な車間を確保して走行した場合」と、(B)「車間距離が短く、車群が形成された場合」のイメージです。(A),(B)の最終的な走行台数は同じにもかかわらず、(A)はスムーズに走行しているのに対し、(B)は合流部で速度が低下し、渋滞が発生しています。
(A)
十分な車間を確保して走行した場合
(B)
車間距離が短く、車群が形成された場合
 
 藤枝バイパス広幡IC周辺の場合、下り線内谷ICから広幡IC間が、片側1車線の道路で追い越しができず、交通量も多いため、遅い車両の後ろなどに車群ができやすくなっています。車間距離が短い車群に、広幡ICからの車両が合流するため、速度低下が起き渋滞が発生しています。
 広幡IC合流部手前の本線上に、車間確保を促す案内看板を設置します。またランプ部には、スムーズな合流を促す案内看板を設置します。
 ドライバーの皆様も、この看板をご覧になった時には、車間を確保し、スムーズな合流を心がけた走行にご協力願います。