PC版
menu

閉じる
道路情報
防災情報
しずこくの取り組み
申請関係
入札契約情報
事務所情報
閉じる

緊急情報
事務所情報

新東名高速道路(御殿場JCT~三ケ日JCT間) 開通から1年

平成25年4月2日

~ 静岡市内の交通の流れが変化!新東名効果が発現! ~

◆お知らせ内容

 新東名高速道路の静岡県内区間のうち、御殿場J C T から三ヶ日J C T までの
約1 6 2 kmが、平成2 5 年4 月1 4 日(日)で開通から1 年を迎えます。
このたび、「新東名(静岡県)インパクト調整会議」(会長:国土交通省中部地方整
備局道路部長)において、静岡市内における交通の変化及び整備効果をとりまとめ
ましたので、お知らせします。

<ポイント>
○新東名およびアクセス道路の開通により、静岡市街地の交通の流れが大きく変化しました。
・新東名新静岡ICと市街地を結ぶ(主)山脇大谷線の交通量が増加(最大47%増)
・安倍川渡河断面の一般道路では、交通量が減少傾向(最大13%減)

○救急搬送において新東名が利用され、市内の傷病者をより迅速に病院に搬送できるようになりました。
・例)清水区宍原(ししはら)地区から県立総合病院までの所要時間が約28分減少

○新東名のアクセス道路である葵大橋、(主)山脇大谷線の開通により、周辺住民からは「到着時間が読める(61%)」「早く着ける(52%)」との声が聞かれ、沿道地域の生活環境が向上しました。
別紙資料

◆お問い合わせ

新東名(静岡県)インパクト調整会議

(整備効果全般に関すること)
静岡市 建設局 道路部 道路計画課
電 話(054)221-1239(直通)

(国道に関すること)
国土交通省 中部地方整備局 静岡国道事務所
副所長 改築担当
調査課長
電 話(054)250-8900(代表)
FAX(054)252-5747