PC版
menu

閉じる
道路情報
防災情報
しずこくの取り組み
申請関係
入札契約情報
事務所情報
閉じる

緊急情報
事務所情報

国道1号生まれの桜が新天地で復活!

平成21年02月27日

~国道1号田子の沼川高架橋で生まれた「根性桜」のその後~

◇お知らせ内容

静岡国道事務所 富士国道維持出張所 では、平成21年3月4日に富士市須津川緑地に育成をした桜の幼木を定植(*1)します。

この桜はもともと、平成19年春まで富士市富士岡の国道1号田子の沼川高架橋の橋脚上に根付いていたもので、当時「根性桜」(*2)と呼ばれていました。

しかし、橋を維持管理していく上で支障となるため、やむを得ず、平成19年6月28日に伐採しました。その際、「せっかく芽生えた桜を残したい」ということで16本の挿し木及び取り木をし、栽培していたものです。その後、2回に渡る酷暑期を越えたことから、生育状況を確認したところ、8本が定植可能な幼木に成長しました。

この度、定植に適した時期を迎えたことから、3月4日(水)に、富士市役所の方々等ご協力のもと富士市須津川緑地に定植いたします。

*1 苗床で育てた苗を田や畑に本式に移し植えること。
  *2 この桜は、発見された当時(平成19年4月5日)に「根性桜」として新聞(静岡新聞)に掲載されたものです。

◇定植予定について

  日時
平成21年3月4日(水) 午後1時30分より
  場所
富士市須津川緑地(住所:富士市神谷798-1)

別紙資料

◆お問い合わせ

国土交通省中部地方整備局 静岡国道事務所
副所長
若杉 孝司
連絡先
TEL.054-250-8900 /FAX.054-252-5747