トップページ新着情報サイトマップ事務所案内Q&A問い合わせ

トップページ > 安倍川治水対策検討委員会

安倍川治水対策検討委員会

安倍川治水対策検討委員会の設立趣旨
 戦後の急激な経済成長により、安倍川では大量の骨材用砂利採取が行われてきた結果、全川的な河床低下が生じ河川管理施設等に被害が生じる様になり、昭和42年度をもって直轄区間の砂利採取は禁止されました。
 砂利採取により汀線後退が著しく進行していた静岡海岸は、43年以降の砂利採取禁止により汀線も回復傾向となりました。
 一方、安倍川は河床上昇の進行とともに高水敷への冠水が増加し、出水時の洪水流が本堤を直撃するなどの治水上の安全度の低下が懸念されることとなりました。

 安倍川治水対策検討委員会は、治水対策のための河床掘削と海岸への土砂供給をバランス良く実施するための基本的方向を助言するために設立されました。

委員会の議事次第・配布資料などをご覧になることができます。(PDFデータ)

開催日 資料
H18.9.28
  1. 議事次第(PDF:11KB)
  2. 委員会参考資料 (PDF:7,366KB)
  3. 委員表名簿 (PDF:8KB)
  4. 委員会まとめ (PDF:20KB)