トップページ新着情報サイトマップ事務所案内Q&A問い合わせ

トップページ > 防災情報 > 重要水防箇所 > 重要箇所の評定基準

重要水防箇所の評定基準

重点区間……

水防時に特に重点的に巡視すべき区間で重要度A、B、要注意区間の中から設定。

重要度A……

水防上もっとも重要な区間
洪水が堤防を越える恐れがある箇所、漏水・法崩れの対策が未施工の箇所等

重要度B…… 堤防の高さに余裕がない箇所、漏水・法崩れの対策が暫定施工の箇所等
要注意箇所… 水防上注意を要する区間
新堤防築造後3年以内の箇所、破堤・旧川跡、出水期間中に堤防開削する工事箇所等

種別 ランク
重要度A 重要度B 要注意区間
堤防高(流下能力)    
※堤防が計画とおりに完成していても、川底が高いことなどにより洪水があふれてしまう箇所(流下能力不足)も含めています
計画としている洪水が流れてきた場合に、堤防が低いためあふれる箇所 計画としている洪水が流れてきた場合に、あふれることはないが、必要な余裕高(計画の堤防高と洪水の水位の差)がとれない箇所
堤防断面 現在の堤防の断面積あるいは天端の幅が、計画に対して半分に満たない箇所 現在の堤防の断面積あるいは天端の幅が、計画に対して足りないが半分以上はある箇所
法崩れ・すべり 過去に堤防の斜面が崩れたことがあるが、まだその対策が十分でない箇所 過去に堤防の斜面が崩れたことがあり対策が施されているが、まだ完了していない箇所
過去に堤防の斜面が崩れたことはないが、崩れる可能性がある箇所で、まだその対策が十分でない箇所
漏水             
※漏水とは堤防から洪水が漏れ出すこと
過去に漏水が起きたことがあるが、まだその対策が十分でない箇所 過去に漏水が起きたことがあり対策が施されているが、まだ完了していない箇所
過去に漏水が起きたことはないが、その可能性がある箇所で、まだその対策が十分でない箇所
水衝・洗掘 水衝部にある堤防の前面の川底が流れにより深く掘られているが、まだその対策が十分でない箇所 水衝部にある堤防の前面の川底が流れにより、それほど深くはないが掘られており、まだその対策が十分でない箇所
工作物 橋などの施設で高さが低いため、計画としている洪水が流れた場合、橋桁が潜ってしまう箇所 計画としている洪水が流れた場合、橋桁が潜ってしまうことはないが、必要な余裕高(桁下と洪水の水位との差)がとれない箇所
新堤防・旧川跡・破堤跡 新堤防で築造後三年以内の箇所。破堤跡または旧川跡の箇所

▲ 上に戻る