トップページ新着情報サイトマップ事務所案内Q&A問い合わせ

トップページ > 海岸のページ > 海岸環境 > 駿河海岸保全事業

駿河海岸保全事業

有脚式離岸堤の整備効果

駿河海岸では室戸台風(昭和36年9月)を契機に昭和39年より、計画的な海岸侵食・高潮対策を進めてきました。しかし、河川からの流出土砂の減少や港の整備に伴い、海岸は著しく侵食されました。新たな海岸保全対策として、環境保全意識の高まりの中、人間だけでなく様々な生き物に優しい海岸保全事業の推進が望まれ、昭和62年より全国に先駆けて有脚式離岸堤を設置してきました。有脚式離岸堤は消波性能が高く、静穏な海域を創成し、堆砂効果と集魚性に優れた漁礁効果を十分に発揮し、新たな沿岸域の創出が図られています。

有脚式離岸堤の整備による海浜変化

有脚式離岸堤による堆砂効果

事業経過

有脚式離岸堤設置にともなう漁礁効果

砂レキ海岸に有脚式離岸堤を設置することにより、もともと生息していた砂浜性魚の他に回遊性魚や岩礁性魚が、離岸堤を住み家、餌場、休憩場、隠れ場として利用しています。

砂レキ海岸離岸提設置

生物の付着付着生物の成長

有脚式離岸提で育つ生物たち

カンパチ・イシダイ・ウミトサカ類

イセエビ、マダコ、アオリイカ等は、有脚式離岸堤を着生基盤、定位目標、餌場だけでなく産卵場、保育場等に利用し、これらの生物の再生産が行われています。

イセエビ・マダコ・アオリイカ