トップページ新着情報サイトマップ事務所案内Q&A問い合わせ

トップページ > 海岸のページ > 海岸環境 > 蒲原・駿河海岸の生態系 > マダコ・イセエビ等の成長過程

マダコ・イセエビ等の成長過程

マダコ

日本近海で最もよく見られるタコである。
潮間帯から水深200m辺りまでの岩礁地帯や砂泥底に多く生息する。昼は海底の岩穴や岩の割れ目にひそみ、夜に活動して、甲殻類や二枚貝を好んで捕らえて食べる。
周囲の環境に合わせて体色を変えることができるが、生きている時はおおむね黄土色っぽい体色をしている。
敵から逃げるために煙幕のように墨を噴射する。体表にはやや縦長の大小の隆起が無数にあり、細かい網目状の模様になっている。吸盤は中心から外側へ放射状に線が入っていて、その機能を保つため吸着面だけ脱皮する。
腕はほぼ同じ長さで外套長の2.5から3倍ある。雄では第2・第3腕に拡大吸盤がある。雄の生殖器は右第3腕の先端にある。
卵のうは岩棚の下や穴の天井に多数の房状にして生みつける。母ダコは産み付けると、子ダコが出てくるまで捕食はせずに、綺麗な海水を送り続ける。
全長80cm位まで成長する。
食用として大量に漁獲されており、物陰にひそむ性質を利用した蛸壺[たこつぼ]漁法が有名である。

有脚式離岸堤で産卵されたマダコの卵魂
有脚式離岸堤で産卵されたマダコの卵魂

有脚式離岸堤で確認されたマダコの幼体
有脚式離岸堤で確認されたマダコの幼体

有脚式離岸堤で生息するマダコの成体
有脚式離岸堤で生息するマダコの成体


イセエビ

茨城から台湾に至る太平洋沿岸の岩礁に生息する。伊豆諸島では大島から神津島にかけての北部海域に多く、黒潮の外側に位置する八丈島では少なく、小笠原には生息しない。
水深0〜40mほどの岩礁地帯に生息し、夜行性で夜活動して貝類や砂泥中の有機物を食べて生育する。昼間は岩間に隠れていることが多い。
夏になると雌は腹に卵を持つ。ふ化した幼生はクモを踏みつぶしたような不思議な形をしたプランクトンになり、約 300日の浮遊生活後、エビ型の幼生になって沿岸に到達、そこで稚エビに変態する。幼体の頃は、棒などで突付くと簡単に穴から出てくるが、成体はそうは行かない。変態当初は体長2cm程度だが、脱皮を繰り返して成長し、約2年で体長15cm、体重150gの立派なイセエビになる。
イセエビを掴むとギーギーという音を発するが、これは敵を威嚇するためと考えられており、長いヒゲ(第2触覚)のつけ根にあるヤスリのような発音器官をすり合わせて発生させる。

フジツボの殻に生育していたイセエビの幼生
フジツボの殻に生育していたイセエビの幼生

フジツボの殻に生息する稚エビ
フジツボの殻に生息する稚エビ

有脚式離岸堤に生息するイセエビの成体
有脚式離岸堤に生息する
イセエビの成体

上に戻る | >>> 次へ