トップページ新着情報サイトマップ事務所案内Q&A問い合わせ

トップページ > 海岸のページ > 海岸の利用 > 駿河海岸の利用

駿河海岸の利用

アカウミガメの放流会

◆ 大井川町の海岸でアカウミガメ産卵(平成14年)

平成14年7月19日に大井川の海岸で産卵された130個の卵は御前崎町のふ化場まで運ばれ、9月5日までに58匹がふ化しました。体長5〜6cmの子ガメは地元の小学生たち約200人が見守る中を駿河湾に放流されました。アカウミガメは体長1mにもなる大ガメで、日本沿岸で生まれた子ガメは太平洋を回遊し、十数年後に再び日本に帰って産卵するとされています。

◆ アカウミガメ放流会(平成14年9月6日)

アカウミガメの子どもを手に乗せる女の子 放流会のために集まった人々
アカウミガメの子ども