トップページ新着情報サイトマップ事務所案内Q&A問い合わせ

トップページ > 砂防のページ > 渓流環境整備計画 > 安倍川渓流ネットワーク

安倍川渓流ネットワーク

ネットワークの構成

ネットワークは安倍川及び中河内川の渓流を中心に、自然・歴史・文化・観光レクレーション施設と、砂防施設や地場産業等の様々な地域資源を有機的に結びつける事によって構成される。

このネットワークにより、地域の環境保全、地域の国土保全、地域の活性化等共通の課題を地域と行政、他地域との連携により、実現させていくとともに、次世代の担い手を組織する。また、各地区の整備を推進するため、地域と環境行政機関等による組織を設けるものとする。

ネットワーク(案)
ネットワーク名 ネットワーク構成 ネットワークの概要
「安倍川砂防学習
  ネットワーク」
●砂防学習ネット
●災害学習ネット
●地質学習ネット
「安倍川水系環境管理基本計画」におけるネットワーク整備計画の「砂防の学習コーナー」を踏まえ、大谷崩の現状や地形・地質、既往災害と砂防事業について上下流の学校が学習し、交流する。
「ふれあい活性化
  ネットワーク」
●歴史・文化
 ふれあいネット
●地場産品交流ネット
●渓流ふれあいネット
安倍川、中河内川流域の自然、歴史、文化、産業等の様々地域資源とふれあいを通じて、地域間の連携や交流を図り、地域の活性化を支援する。
「保全体験
  ネットワーク」>
●流域保全ネット
●自然体験ネット
●渓流探訪ネット
安倍川、中河内川流域は静岡市の水源域であり、豊かな自然環境、景観を有する地域である。この為、流域や渓流保全を目指して地域相互が連携・交流を図ったり、優れた自然環境に接し自然を体験する。