トップページ新着情報サイトマップ事務所案内Q&A問い合わせ

トップページ > 砂防のページ > 砂防事業の概要 > 土石流を防ぐには

土石流を防ぐには

山の斜面の石や土砂が崩れないように木を植えたり、谷川の石や土砂が流れないように砂防ダムを作っています。その他にも遊砂地という砂をためる施設や岸が削られるのを防ぐ護岸工や床固工などの施設を作っています。

山腹工(さんぷくこう)

山の斜面に木を植えて、斜面が崩れるのを防ぎます。

山腹工の役割イメージ

床固工(とこがためこう)・護岸工(ごかんこう)・遊砂地(ゆうさち)

川底や川岸が削られないようにします。又、土砂を遊砂地で堆積しさせます。

床固工)・護岸工・遊砂地の役割イメージ

砂防ダムの役目

土石流が発生した時、砂防ダムが受け止め下流に住む人々の人命や家屋などの財産を災害から守ります。

砂防ダムの役目イメージ