トップページ新着情報サイトマップ事務所案内Q&A問い合わせ

トップページ > 河川のページ > 水辺の国勢調査 > 安倍川の生き物(昆虫類等)

安倍川の生き物(昆虫類)

現地調査により生息が確認された陸上昆虫類等はクモ類、陸産貝類、甲殻類と昆虫類を合わせ923種であり、各調査地点の確認種は河口付近地点298種、津渡野地点448種、竜西橋上流地点456種、藁科川板谷島地点464種であった。

出現種は各調査地点で見られるヨシ、イネ科の草本、ヨモギ等の草地的環境、河川区域内の植生を反映し、クモ類ではコガネグモ科のナガコガネグモ、ドヨウオニグモ、アシナガグモ科等、昆虫類ではコオロギ科のハラオカメコオロギ、キリギリス科のツユムシ、キリギリス、バッタ科のショウリョウバッタ等の草地性の種が見られた。

また、河口部などの砂礫地に特有な種であるバッタ目のハマスズ、カワラバッタ、コウチュウ目のカワラゴミムシ、ヒゲコガネ、さらに高水敷のヤナギ林に依存するチョウ目のコムラナキなどの昆虫類が多く出現した。

季節別の出現種数は夏季600種、秋季541種、春季108種が各々確認され、各季ともコウチュウ目、チョウ目の占める割合は高く、バッタ目は秋季に、チョウ目は夏季に各々多く出現している。