トップページ新着情報サイトマップ事務所案内Q&A問い合わせ

トップページ > 河川のページ > 水辺の国勢調査 > 安倍川の生き物(鳥類)

安倍川の生き物(鳥類)

現地調査により確認された鳥類は13目68種であった。現地調査による確認種を目別にみると、3季の調査を通じて種類数・個体数ともスズメ目が優占している。また、季節移動型についてみると、いずれの時期においても種類数・個体数とも留鳥が優占している。

安倍川では、河口域で冬季にガンカモ類、カモメ類を中心に水面を利用する種が多いことが特徴的であるが、全域を通じてホオジロ、ヒヨドリ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラスなど、陸域を生息の場とする種類も多く出現している。

今回の調査では、「レッドデータブック」に危急種として記載されている、ミサゴが河口部で1個体確認された。