本文へ
整備局トップ  >  道路部トップ  >  道路の老朽化対策  >  道路施設の老朽化の現状
ここから本文

道路施設の老朽化の現状






◆中部地方整備局管内の橋梁状況◆

■橋梁について

中部地方整備局が管理する橋長2m以上の道路橋3,982橋(H25.4.1現在)のうち、全体の40%が高度経済成長期(1955〜1973年)に建設されています。
今後これらの橋の高齢化が一層進んでいきます。





◆中部地整管内の橋梁(15m以上)の通行規制状況◆


地方公共団体の管理する橋梁では老朽化や損傷等に伴う重量制限により、通行止めやの通行規制等を実施しています。特に、市町村が管理している橋で増加しています。


↑トップへ戻る