大型車通行適正化について

大型車通行適正化に向けた中部地域連絡協議会


国民の資産である道路が傷ついています。

  • 一部の違法な重量超過車が道路を短命に !
  • 道路の老朽化対策を実施中!

ルールを守った通行をお願いします。

  • 大型車の通行には許可が必要です !
  • 道路の老朽化対策に向けた大型車の通行の適正化方針

特車に対する一般車両へのご注意

〜大型車両の近くを走行する時は注意して走りましょう〜

ETC2.0を利用した物流支援





↑トップへ戻る







 
大型車通行適正化に向けた中部地域協議会

■開催状況
第8回(2017年3月17日) 次第 配布資料 会議概要
第7回(2016年10月27日) 次第 配布資料 会議概要
第6回(2016年6月29日) 次第 配布資料 会議概要
第5回(2016年3月16日) 次第 配布資料 会議概要
第4回(2015年10月30日) 次第 配布資料 会議概要
第3回(2015年6月12日) 次第 配布資料 会議概要
第2回(2015年3月16日) 次第 配布資料 会議概要
第1回(2015年1月27日) 次第 配布資料 会議概要

■取組状況
   H27.12:官民連携した広報活動(年末の取組)
活動報告
   H27.10:出前講座
活動報告
   H27.8:官民連携した広報活動及び取締り(本格スタート)
活動報告
   H27.5:官民連携した広報活動及び取締り(キックオフ)
活動報告


■概要
全国の整備局初の取組みとして、道路の老朽化対策が喫緊の課題であり、道路の劣化に与える影響が大きい重量を違法に超過した大型車両の対策が必要であることから、大型車両の適正かつ安全な走行に向けて、関係機関・団体等がパートナーとなって連携した、「大型車通行適正化に向けた中部地域連絡協議会」を平成27年1月27日に設立しました。



■協議会構成員
○関係企業団体
  • 東海商工会議所連合会(名古屋商工会議所)
  • 一般社団法人 中部経済連合会
  • 一般社団法人 愛知県トラック協会
  • 一般社団法人 岐阜県トラック協会
  • 一般社団法人 三重県トラック協会
  • 一般社団法人 静岡県トラック協会

○公安委員会
  • 愛知県警察本部
  • 岐阜県警察本部
  • 三重県警察本部
  • 静岡県警察本部

○道路管理者及び関係行政機関
  • 国土交通省 中部地方整備局
  • 国土交通省 中部運輸局
  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 静岡県
  • 名古屋市
  • 静岡市
  • 浜松市
  • 中日本高速道路株式会社 名古屋支社
  • 中日本高速道路株式会社 東京支社
  • 名古屋高速道路公社



■報道発表資料
H27年11月2日 年末の大型車の通行適正化に向けた官民連携の取組
H27年6月15日 夏以降の大型車の通行適正化に向けた官民連携の取組み
H27年3月17日 大型車通行適正化に向けた広報活動を5月頃にキックオフ
H27年1月28日 全国の地方で初「大型車通行適正化に向けた中部地域連絡協議会」を設立
H27年1月22日 中部地方整備局初「大型車通行適正化方針」を踏まえ具体的な取組スタート


↑トップへ戻る








 
国民の資産である道路が傷ついています。
一部の違法な重量超過車が道路を短命に!
2トンの違反で9倍の影響に 違法な重量超過車
レッドカード

※即時告発(レッドカード)対象例;基準の2倍以上の車両総重量で走行する悪質な違反車両を、現地取締りで確認した場合。(特殊車両許可がない場合)

道路の老朽化を実施中!
メンテナンスサイクル


↑トップへ戻る







 
ルールを守った通行をお願いします。

大型車の通行には許可が必要です!

一般的制限値のどれか1つでも超える車両は、
道路管理者の「特殊車両通行許可」が必要です。




一般的制限値の例  ※通行する道路や車種によって制限値が異なります
※車検証は、特殊車両通行許可証ではありません。

【例】 車検証の「車両総重量」が40dでも、通行するときの車両
    総重量が一般的制限値を超えると、特殊車両の通行許可が必要となります。

■特殊車両通行許可制度について詳しくは、http://www.ktr.mlit.go.jp/road/sinsei/index00000004.html







■各具体的な取組みついて詳しくは、http://www.mlit.go.jp/common/001039265.pdf



↑トップへ戻る







 
特殊車両に対する一般車両へのご注意

道路の老朽化対策に向けた大型車の通行の適正化方針

大型車で特殊車両の通行許可を受けた車両は、
  • 車両長さが観光バス(全長12m)より長い場合、
  • 通行条件で夜間走行する場合、
  • 場所によって徐行する場合、
  • 車体が大きく運転者から近くを走るバイクなどが見えづらいこともあります。

大型車の近くを走行するときはご注意下さい。






↑トップへ戻る







 
ETC2.0を利用した物流支援

ETC2.0とは

「ETC2.0」では、 道路側のアンテナであるITSスポットとの高速・大容量、双方向通信で、世界初の路車協調システムによる運転支援サービスを受けることができます。また、 交通が特定の時間や場所に集中するのを減らしたり、事故を未然に防いだり、道路の劣化を緩和することが可能となります。その結果、限られた道路ネットワー クでも、より効率的に、長期的に使える「賢い使い方」ができるようになります。


  出典:国土交通省ホームページ
     (http://www.mlit.go.jp/road/ITS/j-html/etc2/jyouhou.html)

ETC2.0

道路を賢く使う取組みについて




↑トップへ戻る