本文へ

ここから本文
 
  役割 〜環状道路の機能〜
   
分散導入機能
 

郊外から都心部への交通を分散して導入する複数のルートが確保でき、都心部の交通集中が緩和されます。

 
バイパス機能
 

都心に起終点を持たない通過交通をバイパスさせ、場内交通と分離することで、都心部の混雑を緩和します。

 
非常時の迂回機能
 

災害や事故、大規模な工事による交通規制、あるいは交通混雑があった場合など、迂回誘導が可能になります。



↑トップへ戻る
名古屋環状2号 東海環状西回り編 新名神高速道路 東海北陸自動車道 名古屋圏の自動車用道路ネットワーク整備効果(2006.7)