本文へ

ここから本文
 
  2つの環状道路 東海環状自動車道/名古屋環状2号線
   
 
 
 
大垣西ICから養老JCT方面を望む

東海環状自動車道(愛称MAGロード)は、名古屋市の周辺30〜40Km圏に位置する愛知・岐阜・三重3県の豊田・瀬戸・土岐・関・岐阜・大垣・四日市等の諸都市を環状に連絡し、新東名・新名神高速道路、東名・名神高速道路や中央自動車道・東海北陸自動車道等と広域的なネットワークを形成する延長約160kmの高規格幹線道路です。

 この東海環状自動車道の東回り区間にあたる、豊田東ジャンクション(JCT)から美濃関JCTまでの間の約73kmは平成17年3月19日に開通しました。また、美濃関JCTから関広見ICまでの間の約3kmは平成21年4月18日に開通しました。

 また、西回り区間にあたる関広見ICから四日市北JCT(仮称)間の約77kmについては、平成23年6月8日に中日本高速道路株式会社が国土交通大臣より有料事業許可を受け、「一般国道事業と有料道路事業による事業方式」にて、事業を進めていくこととなりました。

 西回り区間の、大垣西ICから養老JCTまでの間の約6kmは、平成24年9月15日に開通しました。

【詳細はこちら】
多治見砂防国道事務所(愛知・岐阜県境〜美濃加茂市・八百津町境)
岐阜国道事務所(美濃加茂市・八百津町境〜岐阜・三重県境)
北勢国道事務所(岐阜・三重県境〜四日市市)


名古屋環状2号線は、名古屋市の外周部を通り、名古屋市を中心に放射状に伸びる幹線道路や名古屋高速道路を主要地点で連結し、名古屋都市圏の道路網の骨格をなす延長約66kmの環状道路です。
名古屋第二環状自動車道(名二環)と一般国道302号を併設する構造となっています。

 
平成23年3月20日に開通した
東部・東南部(植田IC付近)
撮影:中日本高速(株)


名二環は平成23年3月20日に東部・東南部の約12.7kmが開通し、名古屋西JCTから飛島JCT(仮称)までの間(延長約12km)を除く約42kmと伊勢湾岸自動車道の約12kmを合わせた約54kmが開通しています。
一般道路である国道302号は平成23年3月の東部・東南部及び東北部の開通により、海上部を除く全線約59kmが開通(暫定2車線区間含む)しています。

 また、名古屋JCTから飛島JCT(仮称)間の約12kmについては、平成24年4月20日に中日本高速道路株式会社が国土交通大臣より有料事業許可を受け、「直轄事業と有料道路事業による事業方式」にて事業を進めていくこととなりました。
  
高速道路(名古屋第二環状自動車道) と、 一般道路(国道302号)
を合わせて名古屋環状2号線と呼んでいます。
  

【詳細はこちら】
愛知国道事務所

 


↑トップへ戻る
名古屋環状2号 東海環状西回り編 新名神高速道路 東海北陸自動車道 名古屋圏の自動車用道路ネットワーク整備効果(2006.7)